スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワー充填。 

天草に行く所用があって、帰りに本渡に寄り道。
いつも元気をもらう小池さんに会いにいった。
小池さんは「アクセサリーKOIKE」という天草白磁のアクセサリーショップで
天草の魅力を込めた作品を創っている素敵な人だ。
何度会ってもいつも元気で、いつも笑顔で、いつも忘れないでいてくださる。
そして、おいしいお茶を手に、いろんな話をしてくださる。

久しぶりに訪れた店の前には大きな看板が立ててあり、
4月24日まで熊本県伝統工芸館で開催される展示会のポスターが貼ってあった。
ご案内状もいただいていたので、前もっておじゃましたというワケ。

いろんな話をしているうちに、以前執筆させていただいた記事を
今も大切にコピーして、お客さんに一人残らず渡しているのだということを知った。
「くまもと時間」の「くまもと360度」は、自由に書かせてもらえる数少ないコラムで
いつものようにおっさんになりきって書いた。もう丁度2年も前のことだ。

その記事を大切にしてくださり、
本が無くなっても、何枚も何枚もカラーコピーを取って配ってくださっている。
私の手を離れて、こんなにも大切にしてもらえる記事があったことを知り、
うかつにも涙がでた。

「ほら、店の前にはポスターにして貼ってるのよ」

小池さんの言葉に見に行くと、その記事は大きくおおきくなって
「天草逸品展」の裏にいた。
今では、市長も大変気に入っておられ「いつものアレ、入れてね」と
指名してくださるとか。
もう、冊子の中の1ページではなくなって、
天草陶磁器を語るいっちょ前のガイドに育ててもらっていた。

幸せだよね。こんなことってないよね。
「一生に一度でいいから、一人の人でいいから、
大切にずっと持ってもらえるような記事を書くこと」が、
元会社のデスクと決めた目標だった。
それがかなったんだね。
そのことを小池さんに話すと、
「こういうことがたくさん起きてると思うよ。
あなたの記事はそれだけの力があるんだよ、耳に入らないだけで
何人もの人が大切に持ってるはずよ」と言ってもらい、
また、「うわ~ん」と泣いた。(49歳だけど、笑)

「あなたは書かなきゃだめよ」と言ってくださったことを
たぶんこれからずっと、水戸黄門の印籠のように胸に抱いて、
書いて行こうと思った。
「誰がライターっつったんだ、おらー」などと、もう言わず、
「あたしゃー、ライターじゃないですよ。にぎわかしですから」とも、言わず。
真摯なキモチで、文章に向き合いたいと思ったよ。

初心忘るるべからず。だね。

焼酎などをいただきつつ、(いつもお土産をもらうばっかりで、すみません)
お店を後にする。
今日、展示会におじゃましたら、小池さんは輝いていた。
いつもにもまして、元気で、笑顔が素敵でした。

ありがとう、小池さん。
また、小池さんに喜んでもらえるような記事を書けるように
ちょっと上をむいて、がんばります。
koikesan.jpg

お店を出て、見えなくなるまで私をずっと見送ってくださった小池さんをパチリ。
私の記事を前に笑顔満開!
ね、素敵でしょう♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saetaroh.blog92.fc2.com/tb.php/57-b765380d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 saetaroh 禁煙日記。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。