スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣るオトコ。 

人間はびっくりすると15センチ飛び上がるという
記念すべき瞬間を生まれて初めてみた。
半世紀になる前に見れてよかったと思う、今日この頃。

息子である。
イケてる息子である。
娘もイケてるが、違う方向でイケてるのだ。

おととい、2時半くらいに家に帰ったら、
息子の部屋から、「カリカリカリカリ」とリールを巻くような音がした。
そっと覗いてみると、息子はリールを巻いていた。
wiiである。
なんとかっていうゲームで、息子は釣りをして遊んでいた。
コントローラーを「カリカリカリカリ」と巻き上げながら、
「なんとかっていう魚が釣れないんだよー」とほざいていた。

癒やされる。

昨日、また1時半くらいに家に帰ったら
「タカタカタカタカ」という音がしたので、
「また、釣ってんのか?」と覗いてみると
「今日は釣らない」といって
なんとかっていうゲームをタカタカやっていた。

で、今朝。
「げえええ、遅刻するー」と急いで玄関を出ようとしたら
息子の靴がある。
休みは月曜だから、そんなはずない、と部屋を覗いてみたら
爆睡中。

「あんた、もう9時前よ」と伝えたら
冒頭のごとく、びっくりして15センチ飛び上がったのである。
もちろん寝たままのポーズである。

すげー。

その後、マザーは遅刻寸前だったので、出かけてしまったので
遅刻必至の息子がどうなったかさだかではない。

昨今、ゲームすごいね。臨場感どころの話しじゃなくて。
釣ってるもん。全身運動やん。
なんとかっていう魚がいるかどうか、さておき。

マザーもちょっと、釣ってみようかと思う~

kyoto-n.jpg
きょとーん。
スポンサーサイト

結婚します。 

と、歓迎会の席で新入社員・もっちーが発表。
いいね、いいね~♪
結婚っていいよー、ねー社長。

目なんてキラキラしちゃって、
若いってスバラシイ、と改めて思う今日このごろ。

結婚を辞めて、今年はめでたく10周年記念。
早いもんだね~
その間もいろんな活動を通して、
やっぱりひとりで生きて行くのには不向きだと判断。
子どもたちには、安心して自分たちの暮らしを作って欲しいからね。
「かーちゃん、もう、好き放題」って
言われるくらいでちょうどいいと思っている。

さらには
「もう、いい加減死ね、くそばばー」と賛辞をいただくことが狙いである。

結婚って聞くと、自分の結婚をすぐに考えていたけど、
もう子どもたちがそんな年になるんだね~
だって、もっちーはイケてる息子の1歳上だもん。
イケてる息子も極上のおかま言葉を操ってる場合じゃないんだわ~、ふふふ。

でも、自分の結婚はもういいような気がしてきた。(今ごろ?)
籍を入れるの、入れないの、は、
すごく生活に直結した一大事なのだけど、
そういうのに縛られる必要もなさげ。
いつでも別れられるように、とかいう考えベースで
籍を入れない人もいるみたいだけど、
もう別れない、からこそ、籍なんてあってもなくても一緒、って感じかなぁ。

朝起きて、「おはようー」って言って
コーヒー飲んで、だらだらして、
テレビ見て、ひゃーっはっはっは、とウケて、
たまには温泉に行って、
DVDとか借りて、
ひゃーっはっは、とウケて、
ご飯食べて、テレビ見て
ひゃーっはっは、とウケて寝る、のが理想の結婚像。

一人でも一緒てか?

「籍を入れます」と言ったもっちーが
まぶしかったぜぃ!

末長くお幸せにね。
この忙しい会社の中に、幸せのタネをくれたようで
おかあさんはとってもうれしかったのです。
子守りしてぇー!!


yahagi01.jpg
ちょっと笑ってみたやーちゃん。

エプロンで、てくてく。 

久しぶりに大掃除。ある種ゴールデンウイーク。
エプロンでどこにでも行けるおばさん魂は、健在だ。
ナ○コにカラーボックスを買いにいくにも、エプロン。
じわっと周囲を見渡してみたら、
エプロンなんかしてるのは私だけだった。
今時のおかあさんは、おでかけモードが当たり前なのだ。
ふーん、あたしゃーエプロンが好きなので
別にかまへんよー。

奇しくも母の日で、店内のアナウンスでは
「本日は母の日です。
 カーネーションを大特価でご提供しております」と連呼。
大特価の感謝か~と苦笑しつつ、
でもキモチに値段は関係ないもんなと納得。

少しでも身の回りを整理して、キモチよくなりたいと
掃除をしていたら、娘が手伝ってくれた。
昨日は1日早いけど、と
かわいいカーネーションのアレンジと
お高い入浴剤を山盛り!
そして、息子は今、晩ご飯を作ってくれている。
初めてのイタリアン。
バルサミコ酢やきのこの石突きと格闘している。
がんばって、がんばってー♪

ぜんぜん、お母さんらしいことはしてあげられないのに
ちゃんとお母さんとして扱ってくれることが
申し訳ないくらい、マザーはうれしいよ。
ありがとう、ありがとうー!!

思えば、私は親に感謝なんかしたことがなくて。
フーテンの父親は、おいしい男だけど、
2歳くらいで別れた母については記憶もあいまいで、
いつか、めずらしく帰って来た父が、ネタに詰まったのか
「お前、お母さんに会いたいと思う?」って聞いて来たときにも
「べつに~。会いたいって言われたら、やぶさかじゃないけど、
 テレビでよくある感動の再会とかにはならんと思うよ。
 あれって、絶対ありえーん!ひゃーっはっはっは」と
大笑いしたくらいだから。
で、「saetaroは嘘をついてるんだ、本当は会いたいんだー」と、おもしろがって
勝手に盛り上がった父が、親戚中に「saetaroが母親を探している」と
また、話をでかくしていいふらしたもんで、大変な騒ぎになった。
で、今だかつて会えてないんだけど、
それで全然OK、というのもいかがなもんか、と思い始めたところ。
「生んでくれて、ありがとう」は基本、ありなんだなーとかね。

父親についても「パパ、全国でも5本の指に入るくらい、おいしいよね」とか
「もう、出家しなさい、出家!人生を賭けて懺悔しなさいーっ」とか
「CDとか勝手に作らないのっ!少しは、じっとしてなさい」
とかは言った事はあるけど、「ありがとう」はないんだなー。
ま、彼はほぼ、ありがたくはないタイプなんだよなー(笑)

そんな私が感謝されるなんて、おこがましいよねぇ。

先月、白川郷に行って、ちょっと生きる事について考えるようになった。
暮らす、ということに向き合うようになれたと思う。
休みも残すところ、あと数時間。
ぎりぎりまで、休みを大切にして
少しでも心地よく、みんなが過ごせるようにがんばろうっと。

gassyou2.jpg


朝に、夕に、
「今頃、囲炉裏に火を起こしてるんだろうなー」と
お父さん(宿のね、パパじゃない、笑)のことを思うこのごろです。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 saetaroh 禁煙日記。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。